ブレイクアウト手法の参考にどうぞ

image

参考になればと思い、ブレイクアウト手法に関する記事を書いてみます。

どうぞ、ご覧下さい。

 

 

 

ブレイクアウト手法

ブレイクアウトと一言で言っても、様々な手法があります。

 

レンジ相場からのブレイクによる高騰・急落。

 

また、目先の天井・底をブレイクすることにより新しいトレンド形成時のブレイクアウト。

 

そして私が、面白いと思うブレイクアウトが、横にラインを引いてみてレジスタンス・サポートどちらの機能も果たしているラインです。

 

それでは、下の図をご覧ください。

 

clip_image002

こちらは、ユロドルの1時間足チャートになります。

中央付近に赤いラインを引いておりますが、このラインがブレイクポイントとなっております。ここを上に超えると上昇、下に下落すれば急落という可能性を示唆するものであります。

 

中には、これは過去のものだから見た目でラインを引いているからそうなると思っている方もいらっしゃることでしょう。

 

しかし、こういったラインは未来でも意識されるのです。現に、この赤いラインをずっと追いかけて今のチャートに照らし合わせてみますと、下の図のようになります。

 

clip_image002[6]

赤いラインがかなり色濃く意識されております。今週から、また相場がスタートいたしますが、この赤いラインのサポートを破ってくればブレイクが発生しそうです。

 

最後にブレイクアウトは、難しい戦法であり熱くなって資産を飛ばしやすい戦法であります。そのため、ストップは忘れずにいれておくのとレンジの長さなど相場の不穏さには十分注意が必要です。

 

このようにして相場をみていくとまた面白いと思います。

 

もう一度いっておきますが、ブレイクアウト手法は、難しい手法です。

 

リスクを落として試してみてください。

タグ

このページの先頭へ