FX本の紹介2

image

今回は、前回に引き続きましてFX本の紹介をいたします。今回は、古い本なのですが2冊ほど良い本がありますので参考にしてください。

まず始めに、トウキョウフォックス著書のTFブレイクアウトという本です。

20130308130747

TFブレイクアウト!―明確なルール&明快な売買 (パンローリング相場読本シリーズ)

 

この本は、相当古い本なので当時の値やチャートは現在とかけ離れたものになっておりますが、トレンドの見極めや、ブレイクアウトの発生パターンなどはすごく勉強になる本だと思います。

 

 

また、ブレイクアウトというのはだましが多いので実は避けている人が多いようですが、この本を読んでブレイクアウトをきちんと見極められるとチャンスなんです。なぜなら、なんといってもブレイクアウト手法は利がデカいからなんです。

 

しかも、このTFブレイクアウトという本なのですが、意外にベテラントレーダーさんでも読んだ経験がある人は多いようです。

 

次にご紹介いたしますのは、投資本の発行元で有名なバンローリング社から出ております「エリオット波動入門」です。

 

先輩トレーダーから簡単だし勉強になるから読んでごらんよって勧められたんですが、正直この本は私には難しかったです。

 

 

ですが、エリオット波動分析に関してはチンプンカンプンでしたが、フィボナッチに関しては詳しくわかりやすい図などを用いて書いている部分が多かったので、フィボナッチのラインの勉強をするのであれば見えてくるものもあると思いますのでおすすめですね。

20130308131935

エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ)

タグ

2013年3月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:FXおすすめの本

FX本の紹介1

image

今回は、フミフミがFXトレードにおいてためになったFX本のご紹介をしたいと思います。FX本て世の中には物凄く数多くの本が出回っていますよね。

 

その中で、自分に合っていて勝利がアップするような本を探し出すのは、正直至難のわざでしょう。そこで今回は、私が数多くの本を読んだ中で何冊か良いものをピックアップして中身も軽くお話したいと思います。後からでもじっくり内容を聞いてみたいという人は、ご質問をどうぞ。

 

まずは、知っている人は多いと思いますが下の画像のしろふくろう氏のピボットトレード術です。

20130308124530

 

FX最強のテクニカル しろふくろうのPIVOTトレード術 (WINNER’S METHOD SERIES)

 

      しろふくろう氏のピボットトレードとは、前日の4本値を基に本日の仮レンジを策定し、あるポイントまであがったり売り、下がったら買いという指標です。

 

このポイントには、時間帯別の4本値の平均値から割り出したポイントとフィボナッチを合わせた考え方に基づいております。

 

聞いていると、「あれっ?逆張りなの」と思いがちですが基本的には順張り推奨のトレード法になります。

 

また、しろふくろう氏は確率でトレードを分析していらっしゃる方なので、トレード法も目を見張るものがありますが、トレードに対しての考え方・戦略が一番勉強になる本だと思います。

タグ

2013年3月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:FXおすすめの本

このページの先頭へ