FX為替変動が解るシステムってどうなのか評価してみよう

 

imageFXやバイナリーオプションで勝つ秘訣はw動画をみることです。

そう、これが秘密です。もっというと、勝てるポイントが来るまでひたすら待つことが重要なのです。なので、勝てるポイントが来るまで、動画で楽しく時間をつぶします。これが秘訣ですよ。

 

そうそう、そして、ちらっと今日紹介する商材ですが、あまりにも酷かったので悪い例の方で見てください。これは、FXの商材ですが、バイナリーオプションでも同じようなものが結構ありますからね。

 

 

20130709051324

それが酷いっていうこれ、もうあえてレターのアドレスなどは、載せません。

この画像みたら要注意ぐらいに思ってください。自分でレターみたいって方は、検索すれば出てくると思いますので。

 

しかし。為替変動が解るシステムなんて誇大広告も甚だしいと思うのですが

20130709054144

FXプライムの同様です。未来チャートって名前がおかしいのでは?これって未来を予測するチャートなのでしょうが。あんた、トレーダーが儲けたらこまるだろうに、、、、、

そんな勝てないツールを餌にカモどもを呼び寄せようなんて・・・・

しかも。どうどうと宣伝されているから、またたちが悪いですね。

 

まぁ~プライムの文句は、さておき、、こちらの為替変動が予測できる商材のレターを見ると

 

 

20130709051349

 

よくこんなインジケーターのサインが出ているありますが、実際に動いているチャートを見てみないと本当に有効なのかわかりません。

 

というのもインジケーターのリペイントといって、サインを出現させたり、消したりするので結果チャートが上昇したら確定で矢印を表示。 もし、さがったら矢印を消す。というものもあります。

 

20130709051823

これは、フミフミが自分用に、開発中のインジケーターのサインです。

しかし、リペイントタイプです。チャートを見るだけでは、悪くないサインになっていますが実際には、ついたり消えたりします。

結果だけみたら、このサインインジ欲しいですよね?

勝てそうですから(笑)

特に、FXトレードをこれから始める方にとっては、魔法の道具のように見えてしまいます。

 

インジケーターは、ただの後だしじゃんけんになっているということを知っておきましょう。

 

ちょっと補足します^^:

今、リペイントしているから駄目だって言ったように聞こえましたと思います。

しかし、そうでなくリペイントは、リペイントの良さがあるのです。これは、ある程度インジケーターを使ってトレードされているトレーダーであれば解るのですが、条件確定からのサインより、予備サイン的な役割をはたしてくれているのです。

 

そろそろ、サインが出ますよみたいな、お知らせサインって感じです。

 

こういうケースでは、リペイントしてもらう方が非常にうれしいのです。

 

20130709052520

 

ちょっと成績が短いの気になりますが、しっかりと販売ページに表示してあるのは、いいです。

チャートの画面だけでは、物足りのですが、MT4キャプチャーがあるだけでも信頼性がUPします^^

 

おまけに、、、、よく言うのですが、フォワードの成績が数カ月稼げたとしても、その後も安定した同じような成績が出せるのかどうかは、わかりません。

 

たまたま、良かったのかもしれませんからね。

 

そして、自動売買ソフトも販売しようとしているのか動画が紹介してありました。。。。見てみると

 

20130709053038

 

20130709053148

 

この青○で囲んだところが、枚数(ロット数)の変化です。バイナリーでいう賭け金を上げてトレードしているいということです。

 

そう、ご存じの方は、知っていると思いますがマーチンゲール方式でトレードしているシステムだってことですね。

 

参考記事:資金管理について マーチンゲールは、悪なのか?!

上の過去記事を参考にしてください。

マーチンゲールについて書いてます。

 

あれれれれ、、、、って良く見ると

 

参考記事:あやしげな自動売買ソフトがまだまだ売ってありますね

この記事も過去書いた記事です^^;

 

あ、同じ人か、そりゃ駄目だわな、、、怪しいはずだ。

 

FX為替変動が解るシステムの検証評価

C 買っちゃダメC 買っちゃダメimage

今回のFX為替変動が解るシステムの評価は、ダブルCです。本当は、Dを作ろうかと思うほどに酷いものだと思います。

マーチンEAなんて、すぐ作れます。そして、、いつか破綻するようなシステムだし、、、

 

そもそも、販売しようというインジケーターと自動売買を一緒にレターに載せているが全然違うものです。バックテストがあるのは、好感が持てるなと見ていたら、あら、、、販売予定のインジケーターと全く違う成績を載せているのです。

 

この辺りは、何もレターに書いてないので読者のミスリードを誘うような配置にしているのでしょうが、最初からだまして買わせようって考えがチラチラ見え隠れしているようにみえますね。

まっ個人的な見解ではありますが。

 

こりゃ~だめだ

タグ

このページの先頭へ