ドル円いくよ、どこまでも・・どこまでも謎なファンダメンタルズ

image

こんにちは^^
お久しぶりですかかな?もうクリスマスすぎると為替相場は、閑散としている状況ですね。。。。といいながらメッチャドル円あがってますが

不安定な相場がつづくこの頃なので、年内は、トレードは、もうしないと思います。

 

年が明けましたら、ゆっくりとトレード再開しますので、楽しみにたまに覗きに来て頂いているかた、安心してください^^

 

フミフミは、トレードを止めた訳ではありませんから。

 

それにしても、年末のポジション整理でドル円いったん下がるかと思いきや、上げ上げですね。

これも。。。。自民党が議席を大幅にとったからかな

 

アメリカの財政の崖は、どこに?

 

まだ解決してないだろ?

 

本来であれば、不安要素だからドル安なんだけどなぁ~

 

去年だったかな?アメリカのデフォルト問題で結構騒いだのに、今のタイミングでのドル高・・・・

ヴィクトリーメソッドの佐野さんが言われていました。トレーダーは、皮肉れている人が多いと(笑)

 

いまの上昇は、ちょっとした騙しジャネ?いま、売りのSTOP蹴散らせれているけど、、、

何かの拍子にガンガン、下がったりして((´д`)) ブルブル…

 

こんな時は、遠くから眺めましょう。

 

また、上昇が年明けても続くのなら本物か??

 

う~寒い。

 

あっ実は、来年に向けて新たなサービスを考えてます。

 

とっても、楽なたのしい?くわないけど。。。

 

トレードしているところを動画にしようかと、昨日試行錯誤・時代錯誤にPCをいじっていました。動画はやっぱ、メモリくいますね^^;

 

youtubeに、テスト動画UPまでやってましたよ。

それだけで丸一日(;´∀`)

 

これで、めんどくさい・・・・いや、みなさんに伝えきれなかった部分も伝えれるかな?とか思ってます。それにしても、まだまだ課題が・・・動画系苦手なんだよね。

 

 

あかん。。。適当なブログになってきてますな。

 

たまに、ブログ村とかのランキングぽちっと押して下さい。

頑張るからw

 

ブログランキング>>クリック

 

 

 

それでは、またです。

タグ

2012年12月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フミフミ日記

トレンド 伝授・・・・2

imageさて記事の続きです。

トレンドの見極め方で覚えておいて欲しいことをここではお伝えしていきます。

 

トレンドの見極めの前にあなたのトレードする時間を決めないといけません!

 

60セカンズであれば1分ですから、上位時間軸の5分もしくは、15分を意識するといいでしょう。一番簡単な方法からお伝えしますね。

 

20121223221533

Heiken Ashiというインジケーターを使うと視覚的にも分かりやすく今が上昇なのか下降なのか見極めが簡単になります。

 

ただこれだけでは、芸がない?というかもう一つ覚えて欲しいのがこれ

ダウ理論です。

 

といっても難しいことは、さておきダウ理論のトレンドて定義をしっていれば十分です。

 

簡単です。底値切り上がり。高値切り上がりであればアップトレンド!

ということです。

 

20121223222522

 

画像の一番右の矢印は、赤なのでheiken_Ashiインジケーターで見ると短期のトレンドは、下げですが全体の流れは、赤いの横棒が底値が上がっているのが分かると思います。

青の横棒もあがってます。これは典型的な上昇トレンドです。

 

ここでテストに出るとこ2つ

・トレンドは、友達

・トレンドは、続く

ですw

始めて言ったかもしれませんがそう考えてください。一度でたトレンドは、継続しやすいのです。

このことからチャートがこの先どのような動きをするのかを考えて見ましょう。

 

このチャートは、5分足ですがあきらかに上昇ですね。
しかし、短期では下落してます。

この場合は、上位の時間軸を基準に上昇トレンドなのだと判断してください。

そう考えるとLong(UP)(買い)でトレードするのが有利だということが分かります。
60セカンズのような、時間で区切られているトレードでは、上昇している時間が長い方が有利なのは、言わなくても大丈夫ですよね?

 

白があっとうてきに多いですから。

 

どんな時に下降トレンドに変わるのか?またその境目を覚えて起きましょう。

 

先ほど。

高値切り上がり

底値切り上がり

 

と言いました。簡単にこれが崩れたときがトレンド転換と考えます。

 

20121223224339

 

赤の棒が底値ですが、下がって来ていますね。高値の青い棒も一番高いところからかなり下がっています。

ちょっと苦しいですが^^;ダブルトップのようなパターンになってますね。

 

このようにトレンドを見ながらこれから下げトレンドに入っていくのでは?と考えがらトレードしていくことが重要です。

 

常に今のトレンドに沿ってトレードする。トレード回数はどうしても減ってしまいますが、勝率を上げるための重要なポイントです。

 

最後に、トレンドは友達!

タグ

このページの先頭へ