天と底を捉える 夢幻をおうのは、やめなさいw

imageまじ、、、、、暑いです、夏ですねナウ

など、良く分からないことを言っておりますが、、、

最近、暑さにやられて、トレード意欲が減退しておりますw

 

けど、これがディーラーさんたちと違っていいところで、毎月のノルマがないところが個人トレーダーの強みですよね。

 

ノルマがないので、はっきり言って、いやだと思ったらトレードしなければいいのです。

 

これ個人の強みです。^^

そう無理にトレードしなくてもOK

 

 

天と底 を捉える事が出来ますよ?

 

って言われたら欲しくなりますよねw

 

トレードのチャットグループをこのブログ内で行っているのですが、そのメンバーの一人がこんな商材あったんで買ってみました。どうでしょうか~って

 

 

聞かれたんですよね。

それが、「天と底」を捉えるインジケーターだったようでw

フミフミ

「よくありますよね。 人気のあるインジケーターは、○○○ですが、結構重いから使いにくいんですよね~」

 

ってチャットで話をしていたらまさにそのインジケーター・・・・・でした。

 

 

知らないって怖いですね。無料でそのあたりのブログで書いてあったりするのが、1万で売ってあったりするのでw

 

20130721144131

その了解されていたインジケーターというのは、RCIというものです。

このインジケーターの短期・長期を組み合わせるというもの

ある程度レンジ相場になると、バシバシあたって気持ちがいいのですがトレンドが発生した時は、もちろん役に立ちません。

 

 

RCIです。

 

使い勝手のいいインジケーターなので、個人的には、好きなのでまだ使ったことのない方は検索して拾ってから使ってみてください。

 

こんな情報に、お金を出して買わないぐらいに勉強してましょうね。^^:

タグ

2013年7月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フミフミ日記

バイナリ×バイナリは、60セカンズだけしか使えないんでしょうか?

imageさてみなさま~いかがお過ごしですか?熱いです、いえ、暑いです。

正直、トレード気分になれないほどの暑さです。ちょっとブログの更新がとまってたのは、FXばかり最近やっていたもので、バイナリーをお休みしておりました。

 

ちょっとあきちゃう時ってありませんか??

わたしは、あります(笑) 

ある程度トレードを楽しんだらまた、ブログもしっかり更新しますので待っててください。

 

あっ、、これからバイナリーオプションを始める方は、是非過去記事を読破しておいてください。

それだけでも、その辺の商材分ぐらいのものを書きちらかしてます(笑)

ただで、読めますからね

整理できていないのが、たまにキズですが。そこは、我慢してさまよってください。

 

今日は、バイナリ×バイナリの質問をいただいたので、その回答シェアです。

RedMoatsさんから(仮名)

 

質問本文:

このバイナリ×バイナリは、60セカンズだけしか使えないんでしょうか?
他のバイナリーでも使えるのでしょうか?

 

 

回答:

RedMoatsさんへ

バイナリ×バイナリは、デイトレで使えるというのは、マニュアルをお渡し
しているのでご存じだと思います。

もし持ってなかったらいってくださいね。
FXでは、十分通じるようですね。

通常のバイナリーオプションで使えるのかどうかということですが
試してみないとなんとも言えません。
(頼りにならなくてすみません^^;)

もし、バイナリーオプションで試してみる時は、1分でチャートセットしている
のをもちろん、15分もしくは5分足で稼働してみることや、トレンド判断を
1時間で行っているのを2時間みて行うなど工夫が必要かもしれません。
 
 
20130716204051
 
 

これですね、2個連続しているときにエントリーするとか?
 
上の画像のように、連続しているかを裁量判断で加えるとか



これは、試していないので感覚的にですが60秒ように開発されているのを
15分などの時間軸に変更するのは、最適化するのが必要なので普通の人では
難しいのではないかと思います。

かなりインジケーターに慣れた方なら可能かと思いますが
そのままご利用になるのは、恐らくお勧めできないかと思いますよ。

フミフミ

 

 

と回答させていただきました。

 

いつもながら、ちょっと文章がおかしなところは、修正したつもりですf^^;

トレードは、短い時間軸も、長い時間時も基本的には、同じく通用するケースがあります。

 

もちろん、シンプルで優位性のあるロジックであればということになりますが。

しかし、そのまま使えないので、数値設定の微調整はどうしても必要になるかもしれません。

 

ご自身のトレード力UPの為には、自ら検証することが必須であることは間違いありませんから

チャレンジするのも良いかもしれません。

それでは

タグ

このページの先頭へ