UltraScalper60と名付けてみました^^

 image

オリジナルインジケーターの検証です!!

先日のバイナリーでの応用は、ボチボチでしたが、60セカンズが目的でつくってますから十分使えるはずということで、60セカンズで検証をおこなっています。

 

20130524073734

 20130524073722

20130524073800

 

めずらしく、ドル円チャートでPUTで軽く一勝!

 

20130524074354

次は、まけました^^:

 

20130524074559

このインジケーター小さなサイクルトレンドを読み込もうという試みなので短いトレンドをしるすシグナルです。

 

上の画像のように矢印が出てPUTします。勝率がぐぐっとあがります。

しかし

20130524074852

エントリーしたポイントが下髭の部分でエントリーすると負けやすくもなります。

ただ、画像でみていただくと分かりますが、サイン後短くトレンドが続いているのがわかりますよね?

 

下げるかもしれないと分かっているところでPUT(DOWN)で入るのが有効な戦略です。

サインがでた後に、大きく動くケースがあります。

 

20130524075145

 

もし、サインが出て一回目でUP(CALL)でエントリー出来たらOKで楽勝ですが。

もし乗り遅れた場合は、様子をみることが必要です。

上の画像のように、下げサインがでた後に、上げサインが細かくでることもありますので十分な注意が必要ですね。

 

そこでやくに立つのがFB(フィボナッチバンド)です。

このあたりの開設は、3CFBロジックの応用ですからこのブログを読んでいただければわかると思いますのでまたの機会に。

 

ぎゃ・・・っと

20130524081030

 

チャートがあがってCALLしたのに、負けてるっと思ったらドル円チャート開いたまま、ユーロドルでベットしてました^^;

 

そりゃそだw

20130524081240

 

3勝3負2分けでした^^;

ちょっと余計な負けも含まれましたが、500円でよかった。

あらたなインジを加えてみるかな、新構想もでてきました。

 

また、検証してブログにUPします!

関連記事がありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ      



image
imageいつまで無料公開するのかは、気分次第です(笑)明日にもなくなるかも


タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ