トレンドに乗ってトレードしよう!

image前回の記事、参考になりましたか?「んなこといったて難しいよ」って声が聞こえてきそうです。ですよね、、、、文章だけで、とても伝えるは、難しいと思ってます。動画も考えなくないのですが、自分の声が嫌いなので却下してますw実はw

どうしても、行間を読む力が文章や画像だけじゃ必要になるんですよね。出来るだけ詳しくは書いていくつもりです。前回の記事の補足記事としてこの記事を書くつもりです。

 

トレンドに乗ってトレードしよう2

20120930155754

再び登場の4時間足ですがどうやって下降トレンドになったのかの判断方法をお伝えしますね。

 

20120930170719

上の画像を見てください。青い線が2本ありますね。これをチャネルラインといいます。まぁ~価格の変動幅といっていいでしょう。同じ方向にトレンドが続いているときは、このチャネルラインの間をローソク足が進んで行きます。そのライン抜けて確定したローソク足の次のローソク足から下(上)に下がった時にトレンドの転換があったとみるのが安全です。

たまに、そこから更にトレンドが戻ってくる場合がありますがその時はすばやくトレンドの見誤りということで、勇気を持って撤退しましょう!

 

20120930171404

上の画像は、4時間足でトレンド転換と記した同じポイントです。

見て分かるように、そのちょっと前から下げ始めていますよね?人間ってやつは、欲張りなのでここで端から端までトレードしたいと思ってしまうのですがしっかりとしたトレンド転換を確認する為には、長い時間軸でのチャネルラインからの転換を見てからにしましょう。

 

短い時間チャートは、だましが非常に多いので勝率が下がってしまいます!!

4時間のトレンドを軸に考えてください。もし、30分チャートも先ほどのチャネルラインを引いてみて、細かく見て行くのもよいと思います。しかし、4時間を必ず軸としてください。

 

トレンドの見極めが伝わればいいなぁ~と思うこの頃です。

関連記事がありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ      



image
imageいつまで無料公開するのかは、気分次第です(笑)明日にもなくなるかも


タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ