バイナリーオプション(イージーゲッター)と指標発表!

image

指標発表とバイナリーオプション(イージーゲッター)について今日は、お話をしたいと思います。もちろん、この記事を書きながら、60セカンズのトレードが出来そうだったらやります。 焦ってはしませんが

 

 

いよいよ明日にせまった指標発表と言えば、「米雇用統計」です。

いろいろな指標発表がありますが、その中でも為替が良く動く指標発表なのでまず「米雇用統計」を覚えてください。

 

米雇用統計とは?

20121004112301

 

20121004112355

私は、このForelandというサイトをいつも参考にしております。
毎日の指標をメールで送ってくれますので一通り確認をするようにしております。

サイトアドレス:http://www.foreland.co.jp/

上の画像もForelandのものです。

 

第1金曜日の21:30ということを覚えておきましょう。トレードする通貨ペアや、コモディティによっても影響度合いは、大きく変わりますが、先ほどもいったように大きく動きます。

 

フミフミは、ユーロドルを好んでトレードしますので、指標発表時間はトレードを控えるように基本してます! それは、上がったかと思うと、急に方向転換して下がったりどちらに動くのかが読めないからです。

 

20121004114351

【2012年9月7日チャート】

それと指標発表時のトレードは、大きく動く特徴がありますが、その前後も注目してください。

大きな指標発表前は、多くのトレーダーは、ポジションを整理してリスクを減らします。そして売買を控えるので動きがゆっくりとなり、値幅小さくなる特徴があります。

 

FXでトレードに慣れてくると為替の動きだけで、「あっそろそろ指標の時間かな」など分かってくるようになります。

 

このように、指標前後と発表時の動きを知っておかないと、どんな手法もテクニカルも短い時間時でトレードしている方にとっては、指標発表=天敵となりうるから要注意です。

イージーゲッターの60セカンズも例外ではありません。通常のロジックが通用しない時間帯そう

 

魔の時間帯だと覚えて置いて下さい。

 

逆に、指標時間を狙った指標トレードもありますが、、、、、、、、ここでは説明いたしません(笑)

 

指標発表の重要性が分かって頂けたでしょうか?

 

FXもバイナリーオプション(イージーゲッタ)も確率的には、50%で勝てるハズです。

人は、ついつい勝率を上げようとばかりしてしまいます。勝てるエントリーポイントを探して躍起になっている人が大勢いますが、今回説明させていただいたように、負けるポイントで絶対にエントリーしないだけで、勝率があがるのです。

 

1%でも負ける確率を減らす努力こそFXでは、バイナリーオプション(イージーゲッタ)では、必要なのです。

 

負けるポイントを探し出してドンドン減らしていきましょう。

 

イージーゲッター3CFBロジック 検証トレード結果

No 月日 投資対象 投資金額 ペイアウト率 損益 累計損益
10/3

EURUSD

¥5000 70% +¥3525 +¥4825

2

10/2

EURUSD

¥5000

70%

+¥950

+¥1300

9/20

USDJPY

¥500

70%

+¥350

+¥350

収支が低いと侮るなかれw検証して勝てると分かれば掛け金を上げただけプラスになるのです!

 

イージーゲッター(バイナリーオプション)の口座開設は、こちら

イージーゲッター

URL:http://www.easy-getter.com/?campaign=88&lang=ja

これは、読まないと関連記事:

  1. バイナリーオプション風前の灯か???
  2. 世界No1証券会社は、な、、、なんとGMOクリック証券
  3. おすすめ情報ニュース ブルームバーグ
  4. トレードする時間で勝率が変わる!
  5. トレードロジックについて(バイナリーオプションの攻略)
  6. 破綻確率って知っていますか?バイナリーオプションでも重要
  7. 勝率を極めよう~ そして破綻確立、、まず!これを覚えよ!
  8. フミフミのテクニカル勉強会!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

クリックしていただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ      



image
imageいつまで無料公開するのかは、気分次第です(笑)明日にもなくなるかも


タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ