保護中: 7/7のセットトレード

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:

タグ

2014年7月8日 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。 |

カテゴリー:BOセットトレード報告

日本のバイナリーオプションの未来は・・・

imageこんにちは、^^みなさん元気ですか?

夏バテ気味のつらい、、、日々が続いております。クーラーなんてつけないぜ(ぎりぎりまで)と粋がっていた青の頃が懐かし~(;一_一)

 

今じゃ、毎日クーラーが入ってないといけないですね。

 

日本のバイナリーオプション規制に向け、プロバイダー、東京サミットで新商品発表に意欲

バイナリーオプションプラットフォーム業界は現在、金融庁が実施予定の個人向けバイナリーオプションに対する規制の強化に大きな焦点を当てている。

金融先物取引業協会を含めたワーキンググループは4月に、当規制の今夏の実施に対する、自主規制案を公表しており、ワーキンググループはその任務を終了し、金融庁による最終的な決定を待っているところで、バイナリープラットフォームプロバイダーは、現在、この規則に適応するソリューションを準備中である。

7月17日に開催される、フォレックス・マグネイト主催の東京サミットにおいて、MarketsPulse社とTRADOLOGIC社は日本市場向けに、それぞれのソリューションの発表を予定している。

MarketsPulse社、ビジネス開発担当副社長のShay Hamama氏は、本日、同社の準備状況をフォレックス・マグネイトに以下のように説明した:「当社は、日本の金融当局が定めるガイドラインの範囲内で、新たな日本のオプション製品を開発しており、東京サミットで披露します。」

Hamama氏は、当サミットで、業界関係者と将来の顧客に向けて、オプション製品の二通りの実演がされると説明した。一つは、MarketsPulse社の出展での実演。同社は日本市場が戦略的に重要であると考えているため、サミット会場で2つのブースを持っている。

二つ目は、新しい規制のさまざまな側面を議論し、日本市場向けの新たなオプションの動作機能性を実演するために、サミット会場であるマンダリンオリエンタルホテルのオークルームで午後5時からワークショップを開催する。

東京サミットでは、バイナリーオプションのワーキンググループで議長を務めたFXトレード・フィナンシャル、代表取締役社長の鶴 泰治氏による講演も予定されている。

TRADOLOGIC社、CEOのIIan Tzorya氏は、昨日フォレックス・マグネイトに「当社が、東京サミットで発表するオプションは日本の規制要件に完全に従っている“バイナリー100”と呼ばれるものです。」と述べた。

 

 

みたいな記事を発見しましたが。。、、、最近ニュースをチェックしてなかったフミフミですがいったい日本のバイナリー業界はどうなるのでしょうか?

どうもあいまいなままに話が進んでいるようですね。

 

いつもの金融庁のお前たちが(ブローカー)ほどほどにやらんから苦情が来てるだろうが~(-。-)y-゜゜゜

 

ちょっと偉そうに注意して、おらが(金融庁)働いているってとこ見せとくからしばらく大人しくしろよ!!

 

適当にルールを作っとけ!!って感じなんでしょうかね、

 

お役人様は、自分たちの言い訳作りで、、、ブローカーは、のらりくらりの対応なんでしょうね。

大事な収益部門だったバイナリーをそうそう簡単に手放すつもりもないでしょうし

 

聞いた話によるとまた、、、はっきりするのが冬になりそうとか?

 

いったいどうなってるんでしょうかね。

 

来週あたりから、ボッチっとトレード再開の予定です。といっても暑かったら寝てるかも・・・・・

タグ

2013年8月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:フミフミ日記

このページの先頭へ