資金管理について マーチンゲールは、悪なのか?!

 

 

imageFXやバイナリーオプションを簡単に考えすぎる人もいれば、複雑だと考えすぎる人もいます。とらえ方は人それぞれ。

もし、私たちトレーダーが、学ぶべきものがあるとしたら”ギャンブルのプロ”から学ぶべきところは、非常に多いような気がします。

 

 

マーチンゲールとは、元々ギャンブルで使われていた資金管理法

倍々で賭け金を増やすやり方です。

 

バイナリーオプションのように50%の確率のものは、非常に簡単にこの理論を実践することができるのがみそなのですが

 

連続負け
回数
1負 2負 3負 4負 5負 6負 7負 8負 9負 10負
ベット金額
(千円)
16 32 64 128 256 512
必要資金
(千円)
1 3 7 15 31 63 127 255 511 1023
確率 50.00% 25.00% 12.50% 6.25% 3.13% 1.56% 0.78% 0.39% 0.20% 0.10%

 

ざっと表にすると上のようになります。結構使っている人も多いようで先日もこの話題がのぼりました。

 

極端な話。10連続負けになる確率は、1000分の1だから、1千円からトレードはじめれば、そうそう破綻しないだろうというもの。

実際にやってみるとわかるのですが、本当になかなか負けないのでマーチンゲールの魅力に取りつかれた方はまた繰り返してしまう傾向があるようです。

 

しかし、、1000分1って確率は本当に確率的にいったら100%破綻する確率ってことなんですよね。

 

トレードを続けると必ず破綻するのが、マーチンゲール手法の怖いところです。

確率通りに破綻がまっているのです。

100回セットぐらいのトレード(賭け金が千円からはじめて1セットでカウント)は、結構だれでもすると思うのですが、そうすると破綻する確率が10分の1

 

運がちょっと悪ければ、100回セットトレードでも一回でドボーンってなりますよね。

 

やれば、やるほど資金が増えていくので、一見よさそうなのですが、やればやるほど確率の神様が破綻に導いてくれます^^;

これって重要です。

 

 

それとこれが重要なのですが、マーチンゲール手法は簡単に稼げるというデメリットがあります。

 

「簡単にかせげるというのが、デメリット??」

と思われると思いますが、そう、それがデメリットなのです。

 

人間、簡単に稼げるとどうなるか?

自分手法を研究しないし、勉強をやめてしまいます。

そうすると勝率も上がらない

 

そして、マーチンゲールだけに頼ると、確率通りの破綻が待っているというシナリオです。

 

稼げていて、勝っている時に、さらに勉強しようという気持ちになる人はすくないでしょう。

 

やはり、負けたときにブログを読んだり、商材を購入したいりするケースが多いようです

(わたしも、、、そうですからw)

 

本質的には、マーチンゲール手法に頼らずに勝てる期待値を持った手法を使い!

 

さらに、マーチンゲールを駆使し勝率を高める

 

これが理想の形ではないかと思います。

 

ただ、いうのは、簡単ですがこれがなかなか難しいんですよね。

だから私は、単利でのトレードをお勧めしているのですが。

 

マーチンゲール手法を頭ごなしに駄目だってことは、言わないにしても

まず、普通に勝てる手法を身につけてからひとつのオプションとしてマーチンゲールを使ってください。

 

 

ではでは

タグ

2013年6月28日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:リスク管理

このページの先頭へ