BOセットトレード の成績です。

これは、実際に利用した報告をいただいた Sさんの運用報告を紹介したものです。
成績報告です。

期間 6/13~6/27

34勝23敗

勝率 59.6%

損益 +$23.1

勝率60%が計算どおりになっていますね。 損益プラスは素晴らしいです。

とりあえず報告致します。

とのお言葉をいただきました。

もちろん、利用環境で成績が若干変わってきますので誰でも同じ成績なるとは限りません。

この2週間は、よかったけど次の週は、勝率が落ちた。なんてことも想定出来ますので勝率を計算しながら使ってもらうのもいいですね。

 

言葉だけでは、あれなので取引画像の明細も送ってもらいましたので紹介します。

 

20140628075251

20140628075317

20140628085207

20140628085219

20140628085315

 

他のにも多数の方に使って頂いているのですが概ね順調ですね。

タグ

BO自動売買のオプティ(パラ調整)の雑学

 

これは、前提条件として知っておいてください。

 

●バイナリー業者であってもお使いの業者で採用している価格が異なっている場合がある。

●FX業者は、業者毎にレート価格が違うのが大前提。

●MT4のバックテストでは、正確にバイナリーの検証を行うことは出来ない

大きな理由は、2つ

① レート価格が異なる

② MT4では、1分以下の価格データは、疑似ティックといって人工的に作り出したものだから

 

 

 

 

スプレッドは、1で検証しましょう。これはお使いのブローカーの最小単位Pointです。(Pipsでは、ありません)

1pointで検証するとやや不利な条件で検証しならがバイナリートレードに近い形を再現できます。

最適化にチェックをいれて、パラメーター数値をテストすることが可能になります。

 

20140527185525

 

バイナリーの場合は、長期(3~5年)のパラメーター調整を行う必要性は感じません。

短くても3ヶ月、長くても1年程度が目安になるかと感じてます。

これは、あくまで経験的な見解であり、理論的な根拠はありませんので、1つの参考としてください。

 

20140527190028

 

検証するときは、

日付 開始日~終了日を入力しておくと効率的に検証可能。

心がけて欲しいのは、どんな相場状況だったのかも、頭に浮かべながらテストするといいと思います。

 

スプレッド、最適化は、上で説明してますので省きます。

 

エキスパート設定で、試してみたいBO自動売買のパラメーターを変更が可能です。

タグ

2014年5月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:最適化

このページの先頭へ